1日葬は費用や負担が少ないことで人気がありますが、お寺によって1日葬を断るケースがあります。

遺族に負担をかけない方法~一日葬

遺族への負担を考慮した一日葬

一日葬通夜と告別式を分けて行わず、1日にまとめる葬式の形です。
簡略化されるため少ない費用で済み、時間の拘束も少ないメリットがあります。
葬式の費用を安く抑えたい場合はもちろん、遠方から来る人や高齢者の参列者が多い場合の負担軽減、多忙な親族の拘束時間を少なくする目的で一日葬を行う方もいます。

 

費用や時間を最低減に抑えるだけなら直葬(火葬のみ)で済ませる方法もありますが、火葬だけだと最後のお別れをする時間が限られてしまいます。
一日葬費用と時間を削減しつつ、遺族や参列者にも納得できるお別れの場所を用意できることから人気が高まっています。

 

お寺(僧侶)によっては断られるケースがある

費用や肉体的・精神的負担が少ないことで人気を集める一日葬ですが、お寺によっては正しい形式を取らない一日葬を断るケースがあります。
決まった菩提寺がある場合は確認を取った上で一日葬の段取りを進めてください。
無宗教の人や菩提寺がない人に向いています。

 

一日葬の基本は火葬前の告別式とセットにする

一般的な葬式は、ご逝去日の翌日の夜通夜を行い、ご逝去日の翌々日の日中告別式を行い、その足で火葬場に足を運びます。
日本の法律では土葬禁止で火葬は絶対に避けられないので、1日でまとめるのは必然的に火葬前になり、本来の告別式を行うタイミングで一日葬を行います。

 

一般的なお葬式の場合、会葬者のほとんどが、お通夜にご弔問に訪れます。

 

仕事や子供を含めた学校関係など幅広い人を呼びたい場合は、日中の開催になりやすい一日葬だと逆に会葬者の負担が大きくなる場合があります。

 

一日葬を選択する人の多くは家族葬で身内だけの葬式を行っています。
一日葬を行う日程が週末に設定できる場合は、身内以外を呼びたい場合でも選択するデメリットが少ないです。

 

通夜のみを行う一日葬も増加

家族葬を専門にするなど小規模のセレモニーホールが増えたことで、通夜による一日葬を行い、火葬する日は告別式をせずに直葬する形が増加しています。
親族は2日にわたって時間を拘束されることになりますが、告別式を短縮することによって費用を安く抑えつつ、知人や仕事関係、近所の方を多数招くことによって故人の顔を立てることができます。
親族だけで行う告別式は不要だけど、お世話になった人には最期のお別れの場所を用意したい場合は通夜のみを行う方法も検討してみてください。

 

一日葬の相場

一日葬の相場50万円前後です。利用するセレモニーホールやメモリアルコーナーの内容によって費用が大きく変わってきます。
平均的な相場で見れば一般葬や家族葬よりも安くなります。
ただし、2日間かけて行う一般葬に比べて半分以上の料金がかかることが多いです。
用意するものが少なくても一日葬は葬儀会社の基本料金が若干高めに設定されていることが多いです。
費用と内容の双方で一般葬と直葬(火葬のみ)の中間くらいのイメージを持っておくとよいでしょう。

 

食事は必要?

香典返しを用意する人

一日葬は時間や肉体的負担軽減の目的で行い、その日だけは盛大に行うケースや、家族葬にして食事や香典返しを用意しないなど最低限の内容など幅広い形があります。
全体的には夜に行う通夜ではなく日中に行う特性から食事は用意しないけど香典返しを用意することが多いです。
火葬場にも足を運ぶ人が多くなるので、待合室を用意するなど一日葬ならではの配慮も必要です。