代々受け継ぐ宗派のお墓に入っても、無宗教葬で自由な形を希望する方が増えています。

形式にとらわれない形~無宗教葬

故人の意志を尊重して自由な形式で行う無宗教葬

無宗教葬は宗教や慣習にとらわれず自由な形式で行う葬儀のことで、自由葬と呼ばれることもあります。
名称の通り形式にとらわれない形で、決められたルールやマニュアルのない幅広い方法があります。

 

家の宗派にとらわれない人が増加

宗教に関心がなくても、日本は宗教と関わりが強い文化を持っているので、先祖から受け継がれた何かしらの宗派があるものです。
仏壇や位牌がある場合は、そこから家の宗派を確認することができます。
しかし、時代の変化もあって家の宗派よりも故人や遺族の意思を尊重して無宗教葬を選ぶ方が増えています。

 

無宗教葬の形

形式にとらわれず自由な企画をする無宗教葬

無宗教葬には複数の宗派の文化の良い所を組み合わせる方法や、完全に宗教とは無縁の形で、まるで結婚式や祝賀会のパーティーのようなイベントにしてしまうものなど様々です。
たとえば、しっかり成仏してもらうように僧侶を呼んでお経を唱えてもらうけど、お焼香ではなく献花にすることで華やかに故人を送り出す方法があります。

 

葬式の形は必然的に宗教に関連したルールで進められますが、無宗教葬は従来の宗教の形式にとらわれずに自由な企画を行えます

 

BGMは故人が好きだった音楽を流す、故人が生前に残したビデオレターを参列者に見て貰う。みんなで歌を合唱するなど方法は様々です。

 

あくまでも葬式で故人を送り出す場所なので、開式の言葉と閉式の言葉を遺族が行い、プログラムによって進めていきます。
一般的には故人が生前に無宗教葬を希望して、本人が行った企画や構成の中で実施されます。

 

無宗教に加えて葬式の費用を節約した目的で、僧侶を呼んでお経を唱えてもらうことをせずに全員で黙祷したり、ご焼香や献花の代わりにマイクで1人ずつ簡単な別れの挨拶を行ったりする方法もあります。

 

形式自体が自由なので、通夜で用意する食事はお寿司ではなく故人が好きな食べ物や、パーティーのようなオードブル、立食ビュッフェ形式などにすることも可能です。

 

無宗教葬の相場

無宗教葬の費用はピンキリで明確な相場がありません。
お金をかけないように工夫すれば、家族葬よりも安くなりますし、こだわりを持って盛大にやれば一般葬より高額になります。
参列する人が多い場合は、業者が編集した動画をメモリアルムービーとして上映したり、生演奏のBGMを用意したりするなど盛大な葬式にする事例もあります。
家族葬や一日葬と無宗教葬を組み合わせる場合は、お金のかかる僧侶を呼ぶ費用を削減するなど手作り感の強い内容になることが多いです。

 

宗派はあるけど葬式だけは無宗教葬を選ぶ人が多い

本来は宗派に応じたお寺が管理するお墓に入ったり、共同墓地で宗派に応じたお墓を作ったりします。
宗教に関心がない人は「お骨を海に撒いてくれ」と散骨を希望する人が多いですが、日本の法律では海に散骨できるのは一部のみで、全てを散骨することはできません。

 

先祖から代々ある宗教に関連したお墓に入り、納骨(49日)や1周忌などは宗教に基づいた内容にするけど、お葬式だけは無宗教葬で自由な形を希望する方が増えています。

 

宗派の有無で一般的な宗教に基づいた葬式か無宗教葬のどちらになるか決まる訳ではないことを覚えておきましょう。