無宗教葬(自由葬)では故人が生前好きだった音楽を流すなど、BGMにこだわった演出が人気です。

おすすめのお葬式BGM

お葬式で流れているおすすめBGM

通常のお葬式は待合室や食事をする場所、ホールなどのBGMを全てセレモニーホールが用意したものを使います。
主にクラシックや世界の民謡、邦楽のオルゴール音源などを使っていることが多く、日本語の歌詞があるものは内容が葬儀にそぐわないものを除いた選曲をしています。

 

通常のお葬式は喪主がBGMを気にする必要はないですが、無宗教葬(自由葬)では、BGMにこだわった演出が人気です。
もちろん、無宗教葬でもBGMは全てセレモニーホールに任せることができますが、故人や遺族が希望する場合は、どんな音楽をBGMに使っても大丈夫です。
それでも、葬式の参列者は悲しい気持ちで最期のお別れをしに来ているので、歌詞やテンポが葬式に見合わない曲は避けた方が無難です。
葬式におすすめのBGMについて調査してきました。

 

邦楽で人気の曲

 中島みゆき 時代

中島みゆきの楽曲は全般的に葬式のBGMで人気です。その中でも特に時代は故人がこの世を去るけど、新しい時代に流れていく曲のテーマが葬式とマッチしていることで人気です。
会食場やホールなどのBGMのほか、メモリアルムービーやお別れの言葉など、演出の一環として音量を上げて流すケースもあります。

 美空ひばり 川の流れのように

美空ひばりの全盛期を知っている方から定番の人気曲です。
セレモニーホールもオルゴール音源などを常時BGMで使っているケースが多いです。

 秋川雅史 千の風になって

曲調、テンポ、歌詞ともに葬式との相性が良いです。
比較的最近大ヒットした曲なので、参列者の年代を問わず心に響くBGM になります。

 山口百恵 いい日旅立ち

結婚式や卒業式でも使われることが多い曲ですが、旅立ちはあの世への旅立ちに例えることもできます。
天寿を全うした方の葬式で使われることが多いです。

 谷村新司 昴

「さらば昴」と別れを告げる内容や、星や自分自身の生きる証などが盛り込まれた歌詞と曲調がお葬式に合います。

 MISIA 逢いたくていま

故人よりも遺族の希望で流すことが多いですが、歌詞の内容がお葬式のBGMに合い、高齢者の参列者も不快に感じない曲調です。

 かぐや姫 神田川

失恋ソングになりますが、故人の生前の希望などで流されることの多い曲です。

 

クラシック音楽は定番

モーツァルト、ショパン、バッハなどのクラシック音楽はお葬式のBGMで定番です。

  • シューベルトのアベマリア
  • モーツァルトのレクイエム
  • パッヘルベルのカノン

などが定番の曲です。
「クラシック系をBGMで」といったカテゴリーで指示して、細かい選曲はセレモニーホールに任せる方が多いです。

 

増加している音楽葬

故人が好きな曲が流される音楽葬

無宗教葬(自由葬)の一種になり、お葬式の中の一つのイベントとして故人が好きだった音楽を流すスタイルが人気です。
音楽を流す前に「故人が生前好きだった音楽の・・・」といった案内をすれば、ロックや喜びを表現した歌、アイドル系、アニソンなどでも流すことが可能です。
音楽葬は故人が生前好きだった音楽を流すとともに、葬式にマッチした音楽を最後にみんなで合唱したり、音楽に乗せた動画や写真のスライドショーなどを流したりするスタイルが増えています。