葬儀や法事などでメモリアルコーナーを設置すると故人を深く偲ぶことが出来ます。

メモリアルコーナーの作り方

メモリアルコーナーに展示される幼少期の写真

メモリアルコーナーとは、写真や思い出の遺物などを展示して故人の生前の姿を参列者に見て貰う目的で設置する展示コーナーです。
昨今はお葬式の形を問わず、葬儀・法事などでメモリアルコーナーを作るケースが増えています。
メモリアルコーナーは故人の生きた証にもなり、深い付き合いがあった人には思い出を共有してもらい、付き合いが浅かった人にも、故人の生い立ちや趣味を知ってもらう目的があります。

 

メモリアルコーナーの作り方に明確なルールはありません。
多くの葬儀場では、遺物など好きな物を展示する簡易的なテーブル(台)を用意しています。

 

大きな物や展示する物が多過ぎる場合を除いて、事前に連絡したりオプション料金を払ったりしなくても、遺族が持って行ったものを展示する環境は用意してもらえます。

 

さらに手作りによる装飾をしたり、メモリアルコーナーの壇上に置くお花を用意したりすれば、華やかな展示をすることもできます。

 

メモリアルコーナーを作るポイントは

  • 参列者に意図をしっかり理解してもらうような見せ方をすること
  • 自宅にあるものだけではなく、趣味に関連したものや故人の友人・知人にも展示する写真などを提供してもらうように声をかけること

です。

 

無難なアイテムは若い頃の写真

故人の若い頃の写真は参列者を問わず興味を持って貰えます。
写真があれば、赤ちゃんの頃、学生時代、社会人の若手時代など生い立ちの写真を揃えると良いです。
フォトアルバムをそのまま置くだけでもいいですし、説明を添えて1枚ずつ展示する、デジタルフォトフレームにデータを入れて展示するといった方法もあります。

 

余裕があれば、古くからの友人や趣味の仲間にも声をかけて、遺族が持っていない写真を提供してもらう方法もおすすめです。

 

 

もっとも大切にしていたものを展示する

メモリアルコーナーに展示される故人の宝物

故人がもっとも大切にしていたものは、魂が入っていることから故人をより身近に感じられるメリットがあります。
時間がないときは、数で勝負するのではなく本当に大切にしていたものを1点だけ展示することで、詳しい意図は分からなくても1番大切な物だということが伝わります。

 

葬式の規模によって見せ方を配慮する

セレモニーホールを使った時間制限のある通夜で、多くの参列者が来る場合は、メモリアルコーナーは一目見て伝えたい思惑が分かるレイアウトにする必要があります。
写真をアルバムに入れて展示したり、細部にまでこだわった模型などを展示したりすると、参列者の多くが足を止めてゆっくり見てしまいます。
写真のアルバムになると、1グループずつしか閲覧できないので、メモリアルコーナーに行列ができてしまい、人の入れ替わりが悪くなってしまいます。
このように、限られた時間で多くの人に見て貰いたい場合は、写真をフォトケースに入れて、2段や3段など高さを出して展示するなど、遠目からでも分かりやすくする工夫をしましょう。

 

必要に応じてお通夜や四十九日などでメモリアルコーナーの内容を変えてあげてもいいでしょう。