お別れ会は四十九日や一周忌などの法事・法要の日に友人・知人を招いて行われます。

最期は楽しくお別れしたい~お別れ会

会食というスタイルでお別れ会を開き楽しく故人を懐かしむ人々

葬儀におけるお別れ会は、主に通夜と告別式・火葬による通常の葬儀が終わってから、日を改めて友人・知人などを招いて行います。
芸能人など著名人の訃報ニュースがあると、お別れ会の開催情報が紹介されることがあります。
一般のファンなどを招く著名人の場合は、お別れ会を独立した日程で開催することが多いですが、一般の人は四十九日や一周忌などの法事・法要の日に行うことが多いです。

 

お別れ会はラフなスタイルが人気

お別れ会は密葬によって親族のみで葬式を行い、後日改めて友人・知人や仕事関係の人など幅広い人を招いて行うことが多いです。
服装は平服を指示されることが多く、悲しみに浸るのではなく、最期は楽しくお別れするコンセプトのお別れ会が人気です。

 

ご逝去日の直後に行う通常の葬式(通夜・告別式)は遺族を含めて気持ちの整理ができず、楽しい雰囲気にはならないものです。
葬儀を密葬や家族葬で済ませる目的ではなく、故人のお世話になった人とは楽しくお別れをしてもらいたい目的で、葬式は小規模で行い、後日お別れ会を開催するケースが多いです。

 

お別れ会は主催者が全部ルールを決める

故人と楽しくお別れしたいとの思いからお別れ会を主催する人

通常の葬式は配偶者や子供などの親族が喪主を行いますが、お別れ会は遺族が主催するケースのほか、友人や同僚が主催者になるケースもあります。
お別れ会に決まったルールはないですが、参加者が戸惑わないように招待状にて服装や会費の指示を全て行うのが一般的です。

 

香典をもらうケースや喪服を着用するケースもありますが、お別れ会は楽しく最期のお別れをするものなので、平服で香典辞退の会費制になっていることが多いです。
一般的な葬式は香典をもらっても赤字になることが多いですが、お別れ会は会費でトントンになるなど費用の負担を少なく行うケースが大半です。
つまり、一般葬で大勢の人を招くよりも、葬式は密葬や家族葬で行い、後日お別れ会を開催した方が、遺族の葬式費用の負担を安く抑えられるというメリットがあります。
基本的には、遺族が故人の友人などと強い関係を持っていたり、友人や同僚など主催者をお願いできる人を把握していたりする場合でないとお別れ会を開催するのが難しいです。

 

一般的なお別れ会の流れ

お別れ会にルールはありませんが、昔ながらの比較的堅い形のお別れ会は以下の流れで行います。

1.遺族・参列者入場
2.開会の辞
3.黙祷
4.献杯
5.故人の略歴紹介
6.追悼の言葉・弔電、友人代表の弔事 など
7.主催者からの謝辞
8.献花
9.会食
10.閉会の挨拶

 

最近では故人に関連したスライドショーやムービーを作るなど、参加者に見てもらう物を用意するケースが増えています。
参加者に仕事関係者が多い場合は、無難な段取りを組むことが多く、友人関係が多く集まる時は、カラオケを用意したり故人が生前に残した意思によって、遺品をお世話になった人に贈与する催しものが行われたりするなど、オリジナリティあるお別れ会が多くなります。