家族葬は遺族の精神的・体力的な負担が軽くなりますが、友人・知人から反感を招くこともあります。

身内だけで自由に~家族葬

身内で自由に家族葬をすることを検討する家族

家族葬とは、近親者だけで行う小規模のお葬式です。
密葬と同義語だと勘違いする方もいますが、密葬の場合は近親者だけで葬儀を行って火葬した後に、日を改めて本葬(骨葬・お別れ会など)を行うものを指します。
昔は家族葬も密葬の一種に分類されていましたが、現在は1回で完結するもの家族葬日を改めて本葬など何かしらの葬儀を行うもの密葬で区別しています。

 

家族葬のメリット

家族葬のメリットは費用を抑えられて、自由きままに気疲れなく葬儀を進められる点です。
身内だけで全てを進められるので、葬式の規模や第三者に向けた見栄え、式当日の気配りなどが必要ありません。
100人以上の参列者を招く規模になると、葬儀代は100万円から200万円以上になることもあります。

 

職場や近所など血縁のない人を呼ぶ場合は、規模とグレードをそれなりにして、通夜時にはお寿司などの食事香典返しを用意しないといけません。
家族葬であれば、参列者に向けたサービスは最低現に抑えて、葬式費用をみんなの香典で工面することができます。

 

「家族葬=簡易的で安い葬式」のイメージを持たれがちですが、首都圏の家族葬の相場は100万円前後だと言われています。
参列者は血縁者に限定するけど、寺院、メモリアルコーナー、飲食には相応のお金をかけて行う需要もあります。

 

家族葬のメリットは

  • 費用が安いこと
  • 気疲れをしない
  • 故人や親族の希望に応じたカスタマイズ性を出せる

の3点があります。
家族葬を選択するケースは、故人による生前の意思と遺族の希望があります。

 

通夜と告別式が一緒になることが多い

お金の問題ではなく規模の問題で家族葬を行う場合でも、通夜と告別式を一緒にするケースが多いです。
しっかり送り出してあげようとする気持ちがあるものの、2日に分けて大きなイベントを開催する必要性を感じない人が増えています。

 

家族葬の斎場は呼べる人に制限があるの?

家族葬の斎場に訪れる人

家族葬を専門にした小規模な斎場でも、友人や近所、同僚などを呼ぶことはできます。
ただし、家族葬を専門にした斎場は規模が小さいので、ご焼香をあげた後にゆったり食事を提供するスペースがありません。
家族葬の場合は、身内以外の参列者は流れるように最低限のお焼香をしたり、故人とお別れの挨拶をしたりするだけになります。

 

大きな葬式が一般的になっている地域では、家族葬の規模で大勢の人を呼ぶと不満の声が出ることもあります。
近所の人だと、後から愚痴を言われることがあるので、家族葬では職場や友人などには声をかけるけど近所の人は信頼できる人を除いて呼ばないケースが多いです。

 

家族葬のデメリットは?

家族葬のデメリットは、血縁者以外の呼ばなかった人から、後から文句を言われることです。
家族葬は首都圏での利用率が高く、近所付き合いが活発な地方では需要が低いです。

 

故人の職場の問題もありますが、仮に現役で働いていた場合でも最近は家族の意思を尊重する傾向が強まっているので、家族葬を選択したことで遺族が嫌味を言われたり悪い噂を流されたりすることはありません。
近所付き合いが盛んな地域では、家族葬よりも近所の人を招く一般葬の方が無難で、故人も近所の人と最後のお別れを望んでいるケースが多いです。

 

それでも、少子高齢化によって地方でも葬式の頻度が多すぎることを理由に、家族葬を選択するケースが増えています。
近所の人には、遺族が直接声をかけて、49日まで自宅でお線香をあげる環境を提供することで納得してもらえます。

 

家族葬をする場合は、可能な範囲で故人の遺志を尊重するとともに、職場(元勤務先)や近所の人にも遺族が適切なフォローをする必要があります。

 

近所付き合いが少ない都心部や、仕事を引退して元同僚との付き合いも途絶えている場合は、家族葬を選択するデメリットが少ないです。